« 涼やかな夏の枝葉とリオ。 | トップページ | 前回のリオ君が真っ黒だったので。 »

2013年9月 3日 (火)

瀬戸内国際芸術祭2013

9月に入りましたが8月の記事です。
瀬戸内海に女子3人一泊二日でおでかけしてきました。


* * *


初日、岡山からフェリーに乗船して小豆島へ。島内の移動はレンタカーです。

Image

一日に二回、引潮時に現れる砂の道。小豆島でとても有名な観光地のひとつである「エンジェルロード」を歩きました。
結構立派に太い道です。この写真よりもう少し潮が満ちていると、名称にあう神秘さを感じられたのかもしれません。


エンジェルロードを見た後は、山間に建つ雰囲気抜群の「こまめ食堂」にて、ちょっと遅めのお昼ご飯を頂きましま。

Image_2

Image_3

食べていてカラダに良い食材だな〜って感じる地元産の手料理。暑い季節ですが山に囲まれているおかげか、屋外でも風が吹くと涼しくて、のんびりとランチタイムを楽しめました。写真に写っている教室机も雰囲気に合った設えで、時間を忘れてしまうのどかさが魅力のお店です。


Image_4

棚田が広がる風景に、どーんと芸術祭のアート作品が。作品名は「小豆島の光」。台湾の方の作品だそうです。
棚田の緑豊かなこの風景、今回の旅で一番好きな風景です。横を歩くと緑の匂いがして、蝶や蜻蛉がすぐそばを飛んでいきます。小豆島に行く機会があれば、次回はぜひ秋に黄金色の稲穂畑を見てみたいな。

Image_5

竹を編んで造られた作品です。この中、入れます。

Image_6

ドームの天井から足元まで全て竹製。自分が虫になって虫籠に入ったような感覚です。中央には寝っころがれる空間があったので、時間が許せば小一時間ほど眠りたい……。そんな静けさで満たされていました。


* * *


小豆島には瀬戸内国際芸術祭の作品が20以上も島内に点在しているのですが、一日目まさかの「小豆島の光」のみで時刻は既に17時。島時間は短く、17時でおよそどこのお店や施設も閉まります。でもこれだけじゃあせっかく来たのにモッタイナイ! ゴリ押しでもう少し観光地をドライブです。

Image_8

Image_9

Image_7

小豆島の特産品であるオリーブの木をオリーブ園で眺めてみたり、風車の前で記念撮影を楽しんだり、閉店してると分かっていながらも雰囲気の良さそうなカフェの前まで車を走らせてみたりして、お宿で予約してあるディナーが始まるまでの時間、あっちこっち巡りました。

夕方ホテルへ。
宿は海が見下ろせる小高い斜面に建つ、白を基調にしたペンション風の可愛らしいホテルです。
本日最後の楽しみなのが宿でのディナー。イタリア料理のコースです。

Image

Image_2

こちらは食事内容の一部です。海のそばなだけあって魚介は歯応えがある弾力さ。メインの肉料理は醤油(小豆島は醤油も特産品)がベースのソースで日本人好みのお味に。最後のデザートが来た時には既に満腹・満足のボリュームでした♪


* * *


二日目、午前中は小豆島でお買い物をし、午後には船で直島へ移動。
直島では「地中美術館」へ行きたかったのですが、あまりの人の多さに入場制限されていて断念…。

とはいえ島内には自由に鑑賞できる作品がたくさん点在しているので、気を取り直して散策です。

Image_3

Image_4

こんな風に色々なモニュメントがそこかしこに、茹だる炎天下のなか観光客の被写体になっておりました。


* * *


移動時間が長かった瀬戸内旅行でしたが、終始女子トークに花が咲き、思いっきり遊びきった充実の二日間! S氏、S嬢に感謝♪ またお出かけの企画しましょうね_φ(゚▽゚*)♪

|

« 涼やかな夏の枝葉とリオ。 | トップページ | 前回のリオ君が真っ黒だったので。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 涼やかな夏の枝葉とリオ。 | トップページ | 前回のリオ君が真っ黒だったので。 »